お知らせ
    悩む男性

    HIVと言えば、今でも治らない不治の病として知られています。
    自分には無関係と思っていても、性交渉などで誰もが感染の可能性のある、身近な病といっても過言ではありません。
    他の先進国のHIV感染者が減っているのに対し、日本では年々増加傾向にあります。
    性交渉の低年齢化や同性愛者の性交渉の増加、また性に対して奔放な考えを持つ人が増えてきた事などが原因とも考えられています。

    HIVが恐いのは、感染してもごく一部の人しか初期症状が出ない事です。
    また初期症状が出たとしても風邪やインフルエンザのような一般的な体調不良で、HIV特有の症状といったものが無いため、感染していてもそれに気づかない人がほとんどなのです。
    自分が感染に気付いていない訳ですから、他の人を感染させる恐れも予想していません。
    そうして恋人や配偶者など特定の相手、または自由奔放に遊んでいる人であれば不特定多数の相手に感染させてしまう可能性があるのです。

    HIV感染の有無を知るには、検査するしか方法はありません。
    不特定多数の相手と関係を持っても全く気にしない人もいます。
    自分がHIVに感染するなど、鼻から思っていないからです。
    ただ人によっては、パートナー以外の相手と関係を持ってしまった事で、もしかしたらHIVに感染したかもしれないと不安を感じて体調を崩してしまう人もいます。
    そうなると常に頭からその事が離れず、仕事にも支障をきたしてしまいます。

    このようなことはHIVだけでなく、クラミジアなどの性病にも同じことが言えるので、もしものときのためにジスロマックなどを用意しておくと良いでしょう。
    不安を感じながらも、現実を知らされるのが恐いからとHIV 検査を受けたくないと考える人もいますが、これでは精神状態にも良くありません。
    HIVは不治の病と言われているものの、最近は研究も進んでおり、適切な薬を服用する事でエイズの発症を抑えられます。
    つまりもし感染していたとしても、早期治療に臨めば普通の生活を送る事が出来るのです。
    また、不安を抱えていても実は感染していない事がほとんどです。
    早くに事実が判明する事でその後の生活も変わり、また今後はHIVに対しての意識も変わり、しっかり予防する事の大切さを感じ取る事が出来ます。

    こういった不安行為があった人がHIV検査を進んで受けるべきではありますが、身に覚えが無い人でも、結婚前にブライダルチェックとして一度受けておいても良いかもしれません。
    もしかすると以前お付き合いしていた人が感染しているかもしれません。
    大切なパートナーや将来の子供のために自分の体の事を確認しておくと安心です。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    サイト内検索
    最近の投稿
      アーカイブ