• ホーム
  • HIV検査では、疾患の申告は必要なし

HIV検査では、疾患の申告は必要なし

HIV検査を保健所でおこなう場合は、自分の名前も住所も電話番号も一切聞かれることはありません。
完全な匿名で、無料で検査が受けられます。
疾患を申告する必要もありません。
希望すれば、肝炎や性病も同時に調べることができます。

HIVがうつるような状況というのは、肝炎や梅毒などの性病も同時にうつり得る状況です。
血液や体液を介しての感染となりますので、HIVと同時に感染している可能性はおおいにあります。
できたら、それらの感染についても調べたほうがいいでしょう。
受検者の情報は、名前すら知ろうとはしないわけですから、疾患も検査する側にとっては関知しないことです。
ただ淡々と、血液を採取して、感染の有無を調べるだけです。

なにかの病気にかかっていることが、検査に影響を及ぼすことはありません。
そのため、どういう疾患にかかっていたとしても、申告の必要はないわけです。
薬が出されるわけでもありません。

万が一感染していることが判明したとしても、その後どうするかは本人が決めることです。
もちろん、治療を勧められるでしょうし、治療を受ける方法も知ることはできますが、個人を特定しての記録がとられることはありません。

病院でHIV検査を受ける際は、それぞれの病院の方針に従うことになります。

通販で入手した検査キットで調べる際も、保健所での検査と同様、完全な匿名性が守られますので、なにも申告する必要はありません。
血液さえあれば、どんな疾患にかかっていたとしても関係なく、HIV感染の有無はわかります。
検査キットを送付されるときに住所がわかると不安になることもあるかもしれませんが、指定したコンビニで受け取ることもできます。
遠くのコンビニでもかまいません。

検査結果は、オンラインで見ることができます。
検査キットを返送するときは、自分で指定したIDやパスワードを記入することになり、名前は当然、必要ありません。
住所も名前も知られることなく、結果だけを知ることができます。
通販で検査キットを入手する方法だと有料になりますが、保健所まで足を運ばずに済みますし、保健所があいているときに時間がとれないときでも先延ばしにせず、好きな時間に検査できます。
検査キットの血液は、各病院も使っている検査機関に回されますので、精度は確かです。
保健所だと職員や他の受検者と顔を合わせることになりますので、それが気になる場合などにも検査キットの方法が好まれるようです。